白ニキビの予防とお手入れ

「白ニキビ・大人ニキビの治し方徹底研究所」で何度も取り上げてきましたが、そもそもなぜニキビができるかについて、ここでも解説していきます。
ニキビができるメカニズムは、様々な原因や誘因により皮脂の量が増えて毛穴が詰まり、ニキビ菌が増えるためです。
様々な原因や誘因というのが、食生活であったり生活環境、生活様式、ストレス、スキンケアなどです。

思春期を迎えると男性ホルモンの影響で皮脂を出す脂腺が急速に発達し、肌が脂っぽくなります。
ニキビができるのは、この脂腺の活動が活発になったときや、毛穴が詰まって皮脂の出口がなくなりニキビ菌が増えたときです。

ニキビには種類があり、毛穴に角質や皮脂が詰まり小さく盛り上がってできているのが「白ニキビ」です。白ニキビは近くで見ないとわかりずらいため、あまりに気になることもありません。
小さな盛り上がりの中心に黒い点が見え、押したりすると詰まった角質や皮脂がでるようなものが「黒ニキビ」です。
黒ニキビが炎症を起こし酷くなると、赤ニキビや黄ニキビとなり、膿が出たり痛みや腫れをともないます。
赤ニキビ以上のものは市販の薬や化粧品では治りにくいため、皮膚科の専門医にかかる必要があります。

 

ニキビ対策の基本は予防と治療

ニキビを治すための基本は、ニキビの初期段階である白ニキビを「予防すること=繰り返さないこと」。
そして症状が酷くなってしまったニキビは「治療」することです。

大人ニキビで悩んでいる人の多くは、繰り返しできるニキビを潰したりして悪化させ、治りきる前に別の新しいニキビができ、見た目にもどんどん酷くなるというものです。
さらに最悪の場合は跡になってしまい、赤みやデコボコがいつまでも治らない状況になります。

「白ニキビ・大人ニキビの治し方徹底研究所」では、大人ニキビに対する間違った知識を改めて、正しいスキンケアを行っていただきたく解説を行っています。
間違った知識のひとつとして、どんなニキビでも市販の薬や化粧品で治ると思っていることです。効果が全く無いとはいいませんが、赤ニキビ以上のものは原因菌を殺菌する必要があり、市販のものでは殺菌効果は微量なため、「治療」には向いていないのです。

【参考】大人ニキビに市販の治療薬が効かない理由とは?

従って、酷いニキビの場合は早めに皮膚科で適切な薬をもらって「治療」することが先決です。
そして、繰り返しニキビをできにくくするために(予防するために)、スキンケアが必要になってくるのです。

 

皮膚科のニキビ治療

皮膚科で行うニキビ治療は、症状や年齢によっても異なり、また皮膚科によっても異なります。
スキンケアと同じように、自分に合う合わない皮膚科がありますので、あまり効果が無かった場合は別の皮膚科を転々とすることをオススメします。

内服薬

内服薬は皮膚科によって様々ですが、ビタミン剤はどこでも処方されると思います。
ビタミンB2やビタミンB6はニキビ予防に効果があり、ビタミンCはニキビの後に出来たシミの色を早く薄くする効果もあります。
ミノマイシンなどの抗生物質の内服薬もほとんどの皮膚科で処方されます。
原因菌の殺菌や化膿止めなどに非常に有効なもので、これがニキビ治療のポイントとなるもので、薬局などの市販では買うことができません。
他にも漢方薬を処方する皮膚科も多くあります。

ビタミンCなどのビタミン系サプリは、手軽に購入することが出来るようになりましたが、質の悪い成分を使っているものや成分を明確に記載していないものなどピンからキリまであります。
体の中に取り入れるものですので、慎重に質の良いサプリを選ぶようにしましょう。

【参考】大人ニキビとビタミンの密接な関係

 

外用薬

皮膚科によっては洗顔石鹸の試供品をくれたりするところもありますが、ほとんどはニキビ用の塗り薬が多いでしょう。
炎症して酷くなったニキビには抗生物質入りの外用薬などが処方されます。
特に最近では「ディフェリンジェル」が多く処方されていると思います。
「ディフェリンジェル」は白ニキビから化膿したニキビの治療まで幅広く使われており、ピーリング作用でいらなくなった角質を除去し、皮膚細胞の毛穴を皮脂で詰まらせないようにする効果があります。

 

 

Pocket
LINEで送る