大人ニキビの特徴

ニキビは10代特有のものと思っていたら、40代でも増えている・・・なんて悩む方は非常に多いのが現状です。
そもそもニキビは、毛穴の部分に皮脂や垢などの汚れが詰まることが原因です。
10代になり成長期になると、性ホルモンの働きが活発になると、皮膚にある皮脂腺から皮脂の分泌が増え、これが毛穴に詰まってニキビを引き起こしやすくなります。
10代のようにホルモンの働きが活発なころはニキビができるのも仕方が無いと諦めもつくかも知れませんが、大人になってもニキビができ続けるにはなぜなのでしょう。
大人ニキビには、10代とは別の問題があるからなのです。

 

大人ニキビの特徴

ニキビの治療は10代だけのものではなく、20代、30代、40代以降でも必要な方は意外と多いのです。
むしろ、思春期ニキビよりも大人ニキビで悩んでいる人が多く、皮膚科や美容クリニックでも大人の患者が多くなってきています。
この大人ニキビは、疾患の症状としては思春期ニキビと変わりはありませんが、原因は性ホルモンの分泌だけでは説明できず、生活習慣や生活環境との関連が強いと考えられています。
大人ニキビのできる原因について少し例をあげてみると、次のようなものがあります。

【外因性】

・大人になってメイクをする機会が多くなった。
・肌に合わない化粧品を使用していた。
・忙しくてこまめに洗顔ができない。
・仕事でのストレス。
・活性酸素による肌への負担など。

【内因性】

・ホルモンバランスの乱れ(変化)。
・睡眠不足や夜更かし。
・偏った食生活など。

このような原因のため、大人ニキビは思春期ニキビよりも治りにくく、長期に及んで慢性化しやすい(=繰り返しニキビ)という難点があるのです。
大人ニキビの改善には、体質や肌質はもちろん、生活習慣や生活環境まで見直す必要があるといえるでしょう。

 

大人ニキビができても絶対にやってはいけないこと!

ニキビがたくさんできてしまうと、学校や仕事に行きたくなくなるなど、あらゆる面で支障をきたすことがあります。
ましてや、炎症を起こしてニキビが膿んでしまい、顔が赤く腫れて見えるほどの症状では、人に会うのも嫌で家から一歩も出たくないと思うようになってしまいます。
実際に、ニキビがきっかけで登校拒否や出社拒否、ひきこもりといったケースまでありますので、その精神的ダメージは想像以上に深いものなのです。
そうなる前に、ニキビ体質の人は普段からスキンケアをかかさずに、常にニキビが出来にくい肌環境を保つことが大切で、また、ニキビができてしまったら、早めに皮膚科に行って治療を受けることが重要なのです。
おそらく、ニキビと向き合うにはこれの繰り返しではないかと思います。
最も重要なポイントは、ニキビをつくらない期間を長く保つことだと思います。

一方で、ニキビができしまっても、これだけはやってはいけないことがあります。

ニキビを指や爪でつぶすこと

まずはニキビを指や爪でつぶす行為です。
炎症を起こしたニキビは白っぽい膿みなどをつくりますが、早く治したい、目立たなくしたいという気持ちで、ついつい潰してしまうことがあると思います。しかしこれは皮膚の組織を傷つけたり、指や爪から細菌が移って炎症を引き起こしたりと、ニキビ跡が残るようなリスクが大きくなりますので、絶対にやってはいけません。
すでに、肌にデコボコがあったり、色素が沈着しているような目立つニキビ跡がある方のほとんどは、指や爪でニキビを潰した方のはずです。
ニキビ跡になってしまうと、何年も治らなかったり、美容皮膚科で治療を受ける必要があったりと、あとで大変な思いをしてしまいます。

洗顔のしすぎ

適度な洗顔やスキンケアは、ニキビの予防対策として有効でかかせないものですが、1日に何度も洗顔剤を使って洗顔をしたり、強くゴシゴシとこするように洗顔をすると、却って皮膚にダメージを与えて症状を悪化させてしまいます。
大人ニキビの場合は、皮膚の機能低下が原因となることもありますので、若い頃のように汗をかくたびに洗顔をするようなことはしてはいけません。
大人ニキビ用専用の洗顔料や化粧水などを使って、原因菌の殺菌や保湿など、正しくスキンケアすることが大切です。

オススメのスキンケア 大人ニキビの治し方

 

ファンデーションで隠すこと

ニキビやニキビ跡を隠そうとして、つい厚化粧をしてしまう人も多いかと思います。
ファンデーションが刺激になったり、厚化粧を落とすために強くクレンジングをして刺激になったりと良いことはありません。
落としきれなかったファンデーションが毛穴に詰まり、余計にニキビをつくる原因にさえなってしまい、本末転倒な事態となることも少なくありません。
大人ニキビを目立たなくするカバーメイクは必要最小限にとどめ、ニキビの治療を優先することが大切です。
どうしても化粧をしたいという方には、低刺激でお肌にやさしいファンデーションを選ぶようにしましょう。

大人ニキビの治し方 オススメのファンデーション

 

 

Pocket
LINEで送る