白ニキビや大人ニキビの大きな原因のひとつ、睡眠不足!

睡眠不足は白ニキビや大人ニキビの大敵!

会社での残業や飲み会などで帰宅時間が遅くなったり、インターネットやテレビ、ゲームなどでどうしても夜更かしされることが多いと思います。

わかってはいるものの、大人になればなるほど、家族が増えれば増えるほど仕方ないことかも知れませんね。
頭ではわかっていても、毎日8時間以上しっかり寝たいと思ってはいても、実際のところは5~6時間程度の睡眠時間の方がほとんどではないでしょうか?

 

白ニキビや大人ニキビの大きな原因のひとつ、睡眠不足!

睡眠不足や睡眠のリズムが乱れると、白ニキビや大人ニキビの原因になります。

睡眠中には昼間に受けた皮膚ダメージを修復し、新しい皮膚が生成されます。
しかし、睡眠時間が少ない=修復時間が短くなると、当然のように修復がままならず、健康な角質層が形成されません。

さらに、

修復時間が短いと古い角質がはがれにくくなり、毛穴の目詰まりの原因となり白ニキビや大人ニキビができてしまいます。

毎日8時間の睡眠が理想ですが、現代人には難しいと思います。
しかし睡眠不足は白ニキビや大人ニキビの大きな原因とわかっていることですので、なるべく早く寝るように心がけ、普段の生活習慣を時間短縮できる工夫をするなどしてみるといいでしょう。

普段の生活習慣の時間短縮とは、例えば帰り道の近道を見つける、家の中きちんと整理して物をすぐに簡単に取り出せるようにする、休みの日に数日分の夕食を作り置きするなど、時間短縮できるアイデアは色々ありますので、少しのことでも是非実行に移してみてください。

 

どうしても睡眠時間が取れないなら眠りの質にこだわる!

睡眠時間が少ないと自律神経が乱れにつながり、肌の新陳代謝や免疫力を低下させます。
また、交感神経への刺激により皮脂の分泌が増加し、大人ニキビができやすくなります。

やはり大人ニキビにとって睡眠は非常に大切です。
睡眠時間が取れない生活環境であれば、眠りの質にこだわってみましょう。

具体的には、

  • 薄い照明にして眠る
    これはどういうことかと言うと、寝るときに部屋を真っ暗にすると脳が逆に働いてしまい、また明るい部屋ではメラトニンという睡眠を誘導するホルモンの分泌が妨げられてしまいます。
    足元がぼんやり照らされる程度の薄い照明が入眠を妨げないポイントです。
  • 空腹時や満腹時のまま寝ない
    空腹時は寝付けないことはわかりますが、満腹時は睡魔を誘い眠りやすく感じますね。
    しかし満腹で苦しいという状態では覚醒刺激となり入眠を妨げてしまいます。
    ほどほどの状態でベッドに入ることが、より良い睡眠をとるポイントです。
  • 睡眠前の視聴覚刺激を避ける
    寝る前まで興奮するようなゲームやスポーツなどのテレビ観戦をしたり、派手な音楽を聴いたりするとなかなか寝付けませんね。
    視聴覚で受けた刺激は神経を高ぶらせてしまいますので、寝る前はリラックスを心がけましょう。

他にも、シャワーでなく入浴にしたり足元を温めるなど、意外に簡単なことで良い睡眠を取ることができますので、是非実行してください。

睡眠不足は白ニキビや大人ニキビの大きな原因のひとつです!

帰宅して早く寝る習慣づけと工夫を心がけましょう。
どうしても睡眠時間が取れない場合は眠りの質にこだわりましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る