シーズン別のニキビスキンケアを使いわけよう

季節や環境によって空気の乾燥度や紫外線の強さも異なり、汗をたくさんかく時期もあれば普段より飲食過剰になる時期もありますね。
白ニキビや大人ニキビ対策もこれらの季節や環境によって使い分ける必要がありますので、一年を通して同じスキンケアの人は見直すことが必要です。

 

春のニキビスキンケア

春先は気温の上下が頻繁にあり、寒暖の差が激しい季節です。
気温の変動にカラダや肌がうまく対応しきれなければトラブルを起こしてしまいます。
皮脂の分泌が過剰になって脂っぽい肌になったり、逆に水分が失われてカサカサした乾燥肌になったり不安定になります。
こうした春先の肌は、毎日よくチェックしながらケアすることが大切です。
乾燥肌の人でも脂っぽいなーと感じたら、美容液など油分の多いケアは控えたり、乾燥がちだと感じたらしっかり美容液などで保湿をすることです。

本格的な春を迎え気温が暖かくなると、皮脂の分泌が活発になってきます。
冬場の乾燥した季節用に使っていた化粧品を春も使うと、油分の与えすぎになって大人ニキビの原因となりますので注意が必要です。

また、過剰に出る皮脂にはほこりや細菌がついて汚れやすくなりますので、これがニキビの原因となることもあり、春は洗顔をしっかりすることが大切です。
「春は洗顔で肌の汚れと皮脂を取る」ことを心がけましょう。

また、春は意外に日差しが強い季節でもあり、紫外線の量も急激に増えていきますので、紫外線防止ケアをしっかり行いましょう。

 

夏のニキビスキンケア

夏はなんといっても紫外線から肌を守ることが大切です。
メイク用品もUVカット効果のあるものや、ホワイトニング効果のあるものを使うようにしましょう。
紫外線によって皮脂の汚れが活性酸素と結びつくと、肌を老化させる「過酸化脂質」になりますので、夏の洗顔はメイクをしっかり落とした上、皮脂も落とすように心がけましょう。
化粧水も普段より多めに付けて水分をたっぷりと補うようにし、水分が蒸発しないように美容液やクリームなどで保湿を行いましょう。

また、夏は虫が多い季節です。
蚊などの虫にさされて思わずかきむしってしまうと、刺された跡がかたくなったり、色素沈着してシミのようになることもありますので、かゆみ止めなどを塗って、できるだけかいたり触ったりしなようにしましょう。
夏は紫外線対策と虫除け対策を忘れずに!

 

秋のニキビスキンケア

夏の日差しに受けたダメージによって日焼けや大人ニキビができたままなら、冬が訪れる前に回復をさせることが大切です。
肌の回復には新陳代謝の働きを活発にすることですが、そのためには洗顔と保湿が重要になってきます。
紫外線を浴びて失った水分を取り戻すため、たっぷりと化粧水を使いましょう。
また、皮膚の奥ではシミやシワ、くすみなどが作り出されようとしていますので、ビタミンCを意識して摂取するようにしましょう。

冬に近づくと気温が徐々に低下し、空気が乾燥してきます。
皮脂の分泌量も夏より減少しますので、脂を抑える夏用の化粧品から保湿性の高いものに切り替える必要があります。

 

冬のニキビスキンケア

冬は一年の中で最も空気が乾燥する時期です。
皮脂の分泌も減り、肌からの水分蒸発量が多くなります。
乾燥で荒れた肌の表面は角質細胞が乱れ、ますます水分が逃げてしまいます。
乾燥による肌荒れ対策には、まずは化粧水でたっぷり水分補給し、その後に美容液やクリームなどで保湿をします。
気をつけていただきたいのが、乾燥の原因は脂分の不足と勘違いして油分の多い美容液やクリームなどでケアすることです。
乾燥の原因は水分不足ですので、化粧水でたっぷり水分補給をして油分は適量にしましょう。
それでも肌がかさついているのであれば、さらに美容液やクリームなどを塗って調整しましょう。
油分の付けすぎは、大人ニキビの原因となることを忘れずに!

冬の乾燥は自然なものだけでは無く、暖房器具によってさらに乾燥します。
屋外よりも暖房のきいた屋内の方が空気は乾燥しています。
空気の乾燥した屋内では、肌への影響も大きくなり、肌荒れやシワになりかねません。
乾燥肌の人はもちろん、オイリー肌の人も保湿に気を使った十分なケアが必要になります。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

 

Pocket
LINEで送る