耳が痛い、飲酒・喫煙は白ニキビや大人ニキビの敵!

喫煙は白ニキビや大人ニキビというよりお肌そのものに悪影響

最近ではタバコが値上がりしたことや禁煙ブームなのか、タバコを吸う方は減少したように思います。
禁煙外来に健康保険が適用するということも大きな要因かも知れませんね。

皆さんよくご存知のとおり、煙は肌にさまざまな悪影響を及ぼします。
もちろん白ニキビや大人ニキビの原因にもなります。

喫煙をすると体内に活性酸素を発生させ、血流が悪くなり肌の代謝が低下します。

また、肌自体の治癒力も落ちてしまうため、せっかく治療を行ってもその効果が下がってしまいます。

一般的には、喫煙者は非喫煙者に比べてシワが増える、ハゲになりやすい、シミやたるみが多い、狭心症、心筋梗塞、慢性気管支炎、肺気腫などのさまざまな悪影響があると言われています。

ニキビにおいてはタバコに含まれるニコチンが毛細血管を縮こまらせ、血液や酸素が全身に十分に行き届かず肌が栄養不足となってしまい、治癒力が下がり炎症を起こしやすくなります。

また、抗炎症作用のあるビタミンCを破壊してしまうことで、白ニキビや大人ニキビの進行を止めることができなくなり、より酷い症状となってしまいます。

 

飲酒は喫煙よりも白ニキビや大人ニキビに悪影響!?

飲酒は喫煙よりも白ニキビや大人ニキビに悪影響白ニキビや大人ニキビにとって、実は喫煙より飲酒の方が悪影響だという話があります。
実際に喫煙をやめても白ニキビや大人ニキビは喫煙時と同じように繰り返しできるという方の話しも聞いたことがあります。

さて、飲酒は喫煙よりも悪影響というのは、喫煙をすると血流が悪くなり肌の代謝が低下しますが、逆に飲酒をすると血流が増えます。適度なお酒の量なら血の循環が良くなり代謝が上がるのでしょうが、

多量にお酒を飲むと血流が増えすぎ喫煙と同じく活性酸素を発生させ、肌自体の治癒力が下がり炎症を起こしやすくなってしまうのです。

従って、飲酒は白ニキビや大人ニキビにとって悪影響と言うよりは、飲み過ぎることが悪影響ということですね。

いずれにせよ悪影響を及ぼす飲酒・喫煙は、白ニキビや大人ニキビにとっては大敵です。

普段からほどほどを心がけましょう。

喫煙と飲酒をすることで活性酸素を発生させ、

肌自体の治癒力が下がり炎症を起こしやすくなります。

 

Pocket
LINEで送る