大人ニキビの基本知識を復習しよう

 

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違い

「白ニキビ・大人ニキビの治し方徹底研究所」では「大人ニキビ」に特化して解説をしていますが、そもそも10代のころにできる「思春期ニキビ」とはどのような違いがあるのでしょうか。
10代のころにニキビができやすくなるのは、成長期における男性ホルモンの影響を受け、皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まり、ニキビ菌が繁殖しやすくなるためです。
20代以降の「大人ニキビ」は、「思春期ニキビ」とは原因や誘引が明らかに異なります。皮脂の分泌の他に様々な原因が加わってきます。
例えば、スキンケア、食生活、睡眠不足、化粧、ストレスなどです。

また、大人ニキビは思春期ニキビと比べて治りにくいといわれています。
治りにくいために気になって触ったり潰したりして、手から細菌が付着し余計に悪化したという経験は心当たりがあることと思います。
ニキビを潰すということは皮膚を傷付けることになりますので、跡が残りやすくなりますので注意が必要です。
また、間違ったスキンケアとしてよく耳にするのが、ニキビができているのに洗顔ブラシで洗ったりピーリングのようにゴシゴシと肌を傷付けることです。

 

大人ニキビの種類

ニキビには比較的軽症なものから跡が残ってしまうほどの重度な症状まであります。
ニキビの出来始めの頃は、先端に乳白色の小さなかたまりのようなものができる「白ニキビ(閉鎖性面ぽう)」となります。
また、毛穴に詰まった皮脂が押し上げられ皮膚の表面に出ると、空気に触れて酸化したり汚れが付いて黒ずむ「黒ニキビ(開放性面ぽう)」となります。ただ、あまり黒ニキビとなることはありません。

ここまでは比較的軽症なニキビです。
白ニキビが悪化すると「赤ニキビ(丘疹性ざそう)」になります。
皮脂が詰まった毛穴の中で細菌が繁殖して炎症を起こしたもので、さわると痛みがあります。
さらに細菌が繁殖して悪化すると、膿が溜まった重症の「黄ニキビ(膿ニキビ)」となります。
膿ニキビは炎症が真皮にまで広がって化膿していますので、皮膚にクレーターのような穴があいたニキビ跡が残りやすくなります。

ニキビは早めに治療すれば跡になる心配はありませんので、赤ニキビを目安に皮膚科で診てもらうことをお勧めします。

 

大人ニキビ予防はまずは洗顔から

酷くなった大人ニキビを治療するためには早めに皮膚科で診てもらう必要がありますが、ニキビが治った後は再発しないように予防することが必要になります。
大人ニキビを繰り返さないための方法は、まずは洗顔です。
例えば、大人になると化粧をすることが多くなりますので、10代のように洗顔料を使っての洗顔だけではファンデーションが肌に残ってしまい、ニキビの原因となってしまいます。
最初にクレンジングでファンデーションなどのメイクを落とし、次に洗顔料でクレンジングの油分も含めて落としきることが大切です。

洗顔の際は、手や指でニキビの部分はもちろん肌を強くゴシゴシこすったりせず、たっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。

また、オイリー肌の人や洗い上がりが物足りない人など、脱脂力の強い洗顔料で何度も洗顔することにより、皮脂を取りすぎて乾燥したり肌トラブルに繋がるケースがあります。
そうなると、油分の多い乳液やクリームを付け、それがニキビの原因となるといった悪循環を招く場合があります。
洗顔のしすぎや油分の多い化粧品には注意をして、肌の状態に合った正しいスキンケアが大切です。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

 

Pocket
LINEで送る