洗顔後のお手入れでニキビ改善の差がつきます!

ニキビのスキンケアの基本は洗顔ですが、洗顔後のお手入れで差がつきます。
極端に言えば、洗顔後に何もしない人と化粧水をつける人では肌の潤いやハリはもちろん、ニキビの抑制にまで影響度は違ってきます。
また、男性に多くありがちな、化粧水はつけるけど美容液やクリームはつけないという場合にも差がつきますので、一度洗顔後のケアについて見直してみましょう。

 

洗顔後のお手入れの基本は化粧水

洗顔後の肌は汚れのほか、脂分が洗い落とされて角質層から水分が蒸発しやすい状態になっています。
洗顔後に何もしないでいると、水分が失われて肌が乾燥してしまいます。
これを防ぐために化粧水が大事になり、化粧水は肌に水分を与えてみずみずしさを保ちます。

化粧水の使い方ですが、使用する量は洗顔後は特にたっぷりと使うようにしましょう。
手でつけても構いませんが、初期症状である白ニキビがある場合は、手からばい菌がついてニキビが炎症して酷くなるといけませんので、手を徹底的にキレイに洗ってからにしましょう。
白ニキビが無くても、なるべくはコットンを使い、顔全体をパタパタとパッティングするようにしてつけます。この時、強い力だと肌を傷めますので、やさしくするようにします。

化粧水の種類ですが、オイリー肌用、乾燥肌用、ノーマル肌用といったように種類がありますので、自分の肌の状態に合わせて使うようにします。
アルコールを含んでいる化粧水(収れん化粧水など)は、乾燥肌には向いていませんので、オイリー肌の人やTゾーンなど脂っぽい部分のみに使うようにしましょう。

 

美容液やクリームは本当に必要?

化粧水のあとに美容液やクリームは本当に必要かと聞かれると、意見は二分すると思います。
本来は肌の状態によって判断するものですが、油分が多い美容液やクリームであればニキビの原因となってしまうこともあります。
そういう意味合いから意見が二分するところですが、美容液は化粧水に比べて高濃度な有効成分が多く配合されていることから、アンチエイジングやシワ・シミ・美白効果に優れていたり、オイリー肌の人も適度な保湿は必要ですので、油分の少ないジェルタイプのものがいいでしょう。
もちろん、乾燥肌タイプの人は保湿が必要ですので、美容液やクリームは忘れずにつけましょう。

美容液やクリームは夜の洗顔後だけではありません。
朝の洗顔後にも化粧水をつけて、美容液やクリームをつけます。朝に限っては、その後に日焼け止めをつけることも忘れずに。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

 

 

毛穴の詰まりを取るパックは要注意です!

鼻先や頬、アゴなどの毛穴の詰まりは気になりますよね。
特に鼻先は他人の毛穴でさえ気になってしまうほど。
パックは毛穴の汚れを取るだけでは無く、血行を促進する作用がありますが、パックのしすぎや使い方を誤ると肌を傷付けてしまいます。

パックには、肌に塗ってからはがし取る「ピールオフタイプ」と、洗い流すタイプの「クレイパック」など色々な商品があります。
手軽なピールオフタイプは粘着力が強く、はがすときに痛みを伴ったという経験があると思います。
これでは肌の必要な角質まではがしてしまっている可能性がありますので、あまりよくはありません。
また、指でこすりながら落とすタイプのものがありますが、摩擦によって肌を傷つけてしまっている恐れがありますので、やさしくこする注意が必要です。

パックの回数ですが、週に1度程度で十分だと思います。あまりに頻繁に行うと、肌へのダメージが大きくなります。
また、ニキビができているときや肌荒れがみられるときは、余計に悪化させることになりかねませんので、パックは禁物です。

 

 

Pocket
LINEで送る