胸ニキビ・デコルテニキビ、背中ニキビの原因と治し方

繰り返しできるしつこい白ニキビや大人ニキビは何も顔ばかりではありません。
人によっては頭の中(頭皮)や首、腕、背中、胸・デコルテ、デリケートゾーンなどあらゆるところにできます。

特に女性が気にする部分として、胸や背中かと思います。
夏になると海やプールで肌を露出し、パーティなどちょっとドレスアップした衣装でも胸や背中が大きく開いたものが多く、ニキビだらけの肌であれば気になって仕方ありませんね。

 

どうして胸や背中なんかにニキビができるの?

あまり触れることのない隠れた場所なのに、どうして胸や背中にニキビができるのか不思議に感じたことはありませんか?
たしかに、胸や背中には顔と同じで皮脂線が多くニキビが出やすい部位であることには違いありません。
しかしながら、顔のように常に紫外線を浴びる心配もなく、化粧をすることもないのに同じように出来るのでしょうか?

実は、胸や背中においては、髪がかかるだけでも肌に刺激を与えたり、髪についた雑菌がついてニキビをいっそう悪化させる原因となるのです。

 

普段のシャンプーが原因!?

そして、盲点なところが普段のシャンプーなんですね。
シャンプーはご存知のとおり、髪や頭皮の汚れを落とすために行うわけですが、汚れや雑菌を含んだシャンプーの泡が背中にかかります。シャンプー液は洗浄力が強いため、顔や胸、背中の皮膚には刺激が強くニキビの原因となってしまうのです。

背中についたシャンプーの泡をしっかり落とせば大丈夫と思いがちですが、よく思い返して欲しいのですが、洗髪時に背中にシャンプーの泡がついている間って時間にしてみれば結構ありますよね?弱い背中の皮膚にとっては悪影響を被る十分な時間ではないでしょうか。
シャンプーは、こまめに顔や胸、背中に付いた泡を流しながら行うといいでしょう。

シャンプーが終わってからも、濡れた髪を無造作に背中に垂らしていてはいけません。キレイに洗い流したつもりの髪にも、シャンプーやコンディショナーが残っていますので、やはり背中にとっては刺激が強くニキビの原因となってしまいます。
シャンプー後の入浴中もお風呂上りから髪を乾かすまでのあいだも、頭の上で髪を束ねるなどの工夫が必要です。

 

下着や肌着も原因のひとつです。

また、胸や背中のニキビは、下着や肌着が原因となることがあります。
ムレやすい化繊のものは汗が出やすく(たまりやすく)、ニキビ菌の絶好の繁殖場となってしまいます。
ブラジャーをきつくしたり、1日中つけていると痒くなってついつい掻いてしまい、指や爪から雑菌が移って繁殖してしまいます。
シャンプーにせよ下着や肌着にせよ、ちょっとした工夫と心がけで改善できる場合がありますのでお試しください。

【参考】
簡単に背中ニキビを治したい人は 『背中の白ニキビの治し方・大人ニキビの治し方
胸ニキビ・デコルテニキビを治したい人は 『胸・デコルテの白ニキビの治し方・大人ニキビの治し方!

 

 

Pocket
LINEで送る