ニキビ経験者の成功談や失敗談35歳 女性の方です。

高校生の頃にニキビができるようになって、ときどき大きく化膿していました。
潰すと跡が残ると聞いたので、できるだけ触らないようにしていました。
その時に皮膚科のお医者さんに言われたことは、自分で化膿したニキビをつぶすと、化膿の原因菌や膿を周囲の皮膚に撒き散らすことになり、皮膚の炎症が広がって跡が残りやすくなるということでした。
炎症が長引けば長引くほど跡が残りやすくなるということでしたので、当時はニキビを潰したい気持ちを抑えるのが大変でした。
大人になってからも大人ニキビは出来ますが、若い頃から皮膚科に通っていたこともあり、ニキビのスキンケアの知識はあって、昔のような酷いニキビはできません。
でも、大人ニキビ特有なのか、寝不足や疲れが溜まったときなどは、ポツポツとできちゃいます。

若い頃と違って、ニキビができるとメイクの悩みがあります。
ニキビがあるときにメイクはよくないんだろなーとわかっていても、年齢的にスッピンメイクも厳しくいつもどおりのメイクアップをしていました。
使っている化粧品は比較的高価なものでしたので、意味の無い安心感もあって、あまり気に止めずにいつもどおりのメイクアップをしていたのが本音です。
でもやっぱりニキビが酷くなり、お医者さんのお世話になることに。。。
お医者さん曰く、ニキビがあってもメイクは構わないのですが、アルコールの入ったものや、質の悪い油性ファンデーションは避けてくださいということでした。
アルコール分は赤く炎症を起こしたニキビをさらに刺激して痛みを感じたり炎症を悪化させることがあるということです。油性のファンデーションは毛穴をふさぎやすく、洗い落としにくく肌に残りやすいため、毛穴を詰まらせニキビをできやすくしてしまい、質の悪い油であればなおさら良くないということでした。

雑誌やネットを見ると、ニキビ肌でも安心して使えそうな化粧品があり、今ではお気に入りで使っています。
やっぱり女性ですから同じ悩みの人は多いと思います。ニキビがあるからこそファンデで隠したいですよね。

ニキビが無いときでも同じ化粧品を使っていますが、そもそも刺激が少なく肌に優しいのか、肌荒れや乾燥もしにくくなり重宝しています。
何より、今まで使っていた化粧品よりも値段が安いため、とっても助かっています。
ニキビが酷くて化粧をせずにマスクで隠しているような人がいたら、一度ニキビ肌用の化粧品を使ってみてください。

※体験談・感想は個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

 

ニキビの悩みと改善方法(成功談・失敗談)

ニキビの悩み・肌タイプ
大人ニキビ、化粧によるニキビの悪化
ノーマル肌
改善方法
ニキビ肌用の化粧品にかえて改善!

白ニキビ・大人ニキビの治し方 オススメのファンデーション

 

 

Pocket
LINEで送る