大人ニキビに市販の治療薬が効かない理由とは

市販の大人ニキビ用の治療薬や化粧品はあくまでスキンケア

皆さんもこれまで多くのニキビ治療薬を試したことと思います。
CMや雑誌で宣伝しているものや、ドラッグストアーで販売されているもの、治療薬の種類はたくさんありますね。

しかしながら、その治療薬で大人ニキビがすっかり治ったという人はそういないのではないでしょうか?
特に炎症の強い大人ニキビになればなるほど、改善効果はなかったのではないでしょうか?

 

 

大人ニキビに市販の治療薬が効かない理由とは

ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちない!?の中で、そもそもの白ニキビや大人ニキビの原因は常在菌といった細菌だということを説明しました。
つまり、酷くなった大人ニキビを失くすには、原因菌を殺菌する治し方をする必要があるのです。

しかし、ドラッグストアーなど一般的に購入できるニキビ用治療薬や化粧品は、角質の詰まりを防いだり、皮脂の分泌を抑制することを期待するもので、殺菌効果はあまり期待できません。
商品には「殺菌」という文字があっても、殺菌効果の成分は微量なため、ニキビは簡単には治らないのです。

また、自分のニキビの症状が何かわからずに、適当な薬を使っているケースも多くあります。
例えば、口の横にできたヘルペスに炎症を抑えるステロイド剤を使うとますます酷くなります。
商品の説明を読むとどんなニキビにも効きそうに捉えがちなため、黄ニキビなどの炎症を起こしているニキビにも、ピーリングでゴシゴシこするなんてことをしていると、跡が残る重度の炎症に進行してしまいます。

誤解の無いように書きますが、ニキビ用治療薬や化粧品は効果が無いということではなく、あくまでスキンケアであり、ニキビをできなくするための「普段のお手入れ」と思ってください。

すでにできてしまった大人ニキビの根本的な治し方は、「殺菌」といった治療が必要になります。

少しポジティブに言えば、

できてしまったニキビはしょうがない、常にニキビができにくい肌作りを心がけよう!

ということですね。
そのために、白ニキビや大人ニキビ用治療薬や化粧品は必須アイテムと言えます。

市販の白ニキビ・大人ニキビ用の治療薬や化粧品はあくまでスキンケアであって、

できてしまった白ニキビ・大人ニキビには、「殺菌」といった治療が必要です。

何より大切なことは、毎日のスキンケアによって白ニキビや大人ニキビができにくい肌作りをするということです。

 

 

Pocket
LINEで送る