大人ニキビの進行プロセス

大人ニキビの進行プロセス

ニキビの症状には段階があり、その症状によっていくつかの種類にわけることができます。
さっそく大人ニキビの進行プロセスについてみていきましょう。

1.ニキビのでき始め
余分な古い角質が表面からはがれることができなくなり、徐々に角質層が厚くなって毛穴を塞いでしまいます。これによって皮脂が外に出ることができなくなり、皮脂腺の中に溜まり始めます。まだこの頃は、見た目にはわかりません。

2.白ニキビ
毛穴が閉じている状態で、皮脂が溜まったニキビです。
肌の表面に白いポツポツとした膨らみができます。
白ニキビは目立つことがなく、近くでみないと気付かないほどの大きさです。

3.黒ニキビ
毛穴が開き、その中に皮脂と古い角質が混じり合った汚れが溜まった状態です。

4.赤ニキビ
ニキビが悪化すると毛穴の中に溜まった皮脂に細菌が繁殖し、皮膚が炎症を起こしてニキビの表面が赤く見える状態になります。

5.黄ニキビ
ニキビの中では一番悪化した症状のもので、赤ニキビがさらに悪化して膿みを持った状態です。膿みは白っぽい色をしているため、白ニキビと勘違いしている人が多く、間違った治療やスキンケアをしているケースがあります。

6.ニキビ跡
残念ながら最悪の結果となった状態です。
クレーターのようなデコボコ肌や皮膚が薄くケロイドのようになってしまうこともあります。

それでは、それぞれのプロセスを詳しくみていきましょう。

 

白ニキビ

白ニキビの治し方そもそもニキビは毛穴(毛包)の入口が皮脂や垢などでフタをされたように詰まることで出来ますが、白ニキビはこのフタをされた状態のことをいいます。白い透明なものは皮脂と角質が混ざったものです。
毛穴にフタをされた状態のため、分泌された皮脂は外に排出できなくなって、どんどん溜まっていきます。
医学的には閉鎖面貌(へいさめんぼう)やコメドと呼ばれていて、ニキビの初期的な症状となります。
白ニキビは毛穴の部分が白く膨れているような状態ですが、ほとんど目立ちません。
白ニキビが進行すると黒ニキビや赤ニキビとなりって目立つようになりますので、この初期段階で治療することができれば理想的ですので、しっかりスキンケアをして完治させましょう。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

黒ニキビ

黒ニキビ毛穴の中に詰まった皮脂や垢が酸化して黒く固まり、毛穴の部分が黒くみえる状態が黒ニキビです。また、比較的発生率は少ないのですが、皮膚に浮き上がった皮脂が酸素に触れると酸化することがあります。酸化した皮脂は黒い色を帯びるため、これも黒ニキビといいます。
医学的に解放面貌(かいほうめんぼう)または黒色面貌(こくしょくめんぼう)と呼ばれます。

鼻の先などにいくつも黒いブツブツがあるのも黒ニキビの一種です。
鼻用の「はがずパック」などで、ごっそり取り去る方も多いかと思います。

白ニキビや黒ニキビの段階であれば皮膚へのダメージはさほど残りませんが、黒ニキビになってしまうと目立ちやすいことや色素が沈着してしまう恐れもありますので、あなどることはできません。

 

赤ニキビ

赤ニキビ白ニキビや黒ニキビが炎症を起こして悪化すると赤ニキビとなりますが、溜まった皮脂や汚れにアクネ菌などの細菌が繁殖した状態となります。
こうした細菌が毛穴の内部で炎症を引き起こして、毛穴の部分が赤く膨らみます。
この時、痛みを伴うようでしたら、皮膚の深い部分まで炎症が広がっていると考えられます。

赤ニキビの段階になると、毛穴の中の皮膚組織を損傷させて、デコボコのニキビ跡をつくってしまうリスクが高くなります。

 

 

黄色ニキビ

黄ニキビ赤ニキビがさらに酷くなって膿が出て大きく腫れている状態です。
色が白いため白ニキビと勘違いされている方が多いようです。
黄色ニキビはアクネ菌などの細菌が起こす炎症が皮膚の真皮層まで達していて、デコボコのニキビ跡をつくってしまうリスクがさらに高まります。

黄ニキビは見た目に目立ちますので、プチっと潰したりしていませんか?
潰したあとはティッシュでサッと拭き取る程度で殺菌も何もしてないという人は多いのでは無いでしょうか?
そうなると潰したところ細菌が入り、さらに炎症を起こしてしまいます。
炎症がおさまっても肌に赤みや凸凹などの痕が残ることもありますので、早めに医師の治療を受けましょう。
プチっと潰してしまいたくなる誘惑に負けないようにがんばりましょう。

 

ニキビ跡

「月面クレーターのようだ」「夏みかんの皮みたいだ」などと言われる、デコボコが目立つニキビ跡が残った状態です。
真皮層の組織まで傷付いている状態に、強くこすったり指や爪でつぶしたり物理的な力が加わると、真皮層がえぐれて皮膚に穴ができてしまいます。
真皮層までえぐれてしまうと、皮膚の弾力や張りをつくっているコラーゲンやエラスチンが生成・形成される組織まで傷付いてしまうため、元の健康な皮膚の状態に戻りにくくなってしまいます。
あるいは、皮膚が薄くなってケロイド状になったり、色素沈着が残ってしまうこともあります。
酷いニキビ跡では、元に戻るまで長い時間を要し、美容外科の治療が必要になることもあります。

大人ニキビの進行プロセスをみるとわかるように、白ニキビや黒ニキビの段階で治せればいいのですが、赤ニキビや黄ニキビの段階になっているようであれば、ニキビ跡まで進行させないために、一日も早く皮膚科で治療することが必要なのです。

ニキビ跡用スキンケアをみる大人ニキビ・ニキビ跡治療

 

 

Pocket
LINEで送る