大人ニキビと女性ホルモンの密接な関係

大人ニキビとホルモンバランスの関係については、これまでも「白ニキビ・大人ニキビの治し方徹底研究所」で解説してきましたが、特に女性にとっては密接な関係を持っています。
生理前に限って大量に大人ニキビができる人や、妊娠するとニキビが消えてしまう人もいます。
ここでは、女性ホルモンと肌の関係をさらに詳しく解説します。

 

なぜ生理前になると大人ニキビが大量にできるのか?

女性の悩みのひとつに、生理が近づくと大人ニキビが酷くなったり肌が荒れたりすることがあります。
生理前のニキビは、月経前緊張症(PMS)の症状のひとつにもあげられています。

「月経前緊張症(PMS)」とは、生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、 生理が始まると自然に消えたり軽くなるのが特徴です。

排卵が終わると次の月経が来るまでに約2週間ありますが、この期間は黄体期といって女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが分泌され、このホルモンが肌のトラブルの誘因となります。
黄体期は体温が上がり、また男性ホルモンの作用も活発になり、皮脂腺を発育させて皮脂の分泌が多くなるため、ニキビができやすい状態になります。
黄体期が終われば黄体ホルモンや男性ホルモンの影響を受けなくなりますので、ニキビも治まっていきます。
このような作用により、「生理前になると大人ニキビが大量にできる」ということなのです。

また、黄体期には肌そのものがデリケートになっているため、ニキビだけでは無くシミなどの肌トラブルにも注意が必要です。
紫外線対策もやスキンケアをいつも以上にしっかりと行うように心がけましょう。

 

妊娠時のニキビとホルモンの関係

ずっと大人ニキビで悩まされていた人でも、妊娠したらキレイになったという人もいると思います。
妊娠をすると黄体ホルモンをはじめ、卵胞(らんぽう)ホルモンなどの女性ホルモンが大量に分泌されます。
卵胞ホルモンには皮脂の分泌を抑える作用があり、これがニキビの発生を抑えるというわけです。
また妊娠をすると、女性なら誰しも赤ちゃんのために健康的な食事や生活に改善を心がけますね。思春期ニキビと違い、大人ニキビの原因は食生活や日常生活、睡眠不足、ストレスなどの要因が大きく影響するため、栄養バランスの整った食事やリラックスした環境のなかでの規則正しい生活を送ることで、徐々にニキビが改善されていきます。

妊娠時と大人ニキビの関係はホルモンだけでは無く、赤ちゃんのためにと改善した食生活や日常生活が大きく影響しているのです。

ビタミンCはオールマイティな栄養素です! 白ニキビ・大人ニキビの治し方

 

 

Pocket
LINEで送る