皮膚科での大人ニキビ治療について

ニキビはもっともありふれた皮膚のトラブルといってもいいかも知れませんね。
なんと日本人の約9割近くの人が、思春期にはニキビを経験するともいわれています。
思春期ニキビは、成長期である10代にホルモンの働きが活発になり、顔の皮脂量が一気に増えます。加えて毛穴のまわりの角質が厚くなっていくことで皮脂の出口がふさがれてしまい、ニキビができはじめます。
ニキビの出来始めは「コメド」といって、主に白ニキビとなります。
コメドの内部では、毛穴にもともと潜んでいる常在菌の一種である「アクネ菌」が繁殖して毛包の炎症を起こします。

皮膚科で治療を受ける場合、毛穴の角質化を抑制する外用薬である「アダパレンゲル」が多く使われています。薬の製品名は「ディフェリンゲル0.1%」が一般的かと思います。
「ディフェリンゲル0.1%」などは、処方薬のため医師の診察を受けて、はじめて処方されるものです。
使用方法は、1日1回寝る前に、ニキビの出来ているところに塗ります。炎症を起こした赤ニキビや黄ニキビにとても効果があります。
ニキビの無いところにも継続して用いることで、新しいニキビの発生を予防する効果がありますので、症状が軽度のものから重度のものまで使用することができます。(ただし、使用期間は医師へ相談・指示を受けてください)
副作用としては、かゆみや皮剥けを起こしたり、少ししみるような痛がゆさがあります。
しかし、しばらく続けて使用していれば皮膚が慣れてきますので、心配するほどのものではありません。(人により症状は異なります)

また、赤ニキビや黄ニキビなど重度のニキビの場合は、抗生剤の内服薬で炎症を治めるようします。
炎症が強く重度のニキビの場合は、ニキビが治ったあとでも「ニキビ跡」が残ってしまうのが問題になります。
ニキビ跡の程度は、色素沈着、赤み、クレーターのような凸凹、固い瘢痕(はんこん)などがありますが、色素沈着や赤みの改善では早くても半年ほどかかり、長くなると1年、2年と長い月日が必要になる場合もあります。
さらに凸凹や瘢痕になると、効果的な治療方法が無いため、美容外科等での施術が必要になるケースもあります。
※「瘢痕(はんこん)」とは、外傷、手術、やけどの後などにみられる「傷跡(きずあと)」のことをいいます。

 

皮膚科での大人ニキビ治療について

大人になってから出来るニキビのメカニズムや皮膚科での治療方法は、原則的には思春期ニキビと同じですが、ニキビが出来る原因や誘引が異なり、ストレスや食事などの生活習慣の乱れが大きな悪化因子になっていることが多いです。
さらに睡眠不足や運動不足が複合的な原因・誘引となり、ニキビの治りを遅くします。
ストレスを受けると自律神経が乱れたり、体内の活性酸素が増えるなどの影響で大人ニキビを出来やすくしたりしますが、他によくあるケースが、ストレスを受けると知らずしらずのうちにニキビを触ってしまうことが多くなることが考えられます。
特にフェイスラインのアゴや口周り、こめかみのあたりは、ストレスを受けると心理的に触ってしまう場所であったりしますので、案外気が付かないだけで、結構触ってしまっているのですよ。
ストレスそのものを無くすことは出来ないものですから、うまく発散する方法を見つけることが大切です。
睡眠不足や運動不足、食生活などの現状の良し悪しはわかっているはずですから、できるだけ改善するようにしましょう。

皮膚科での大人ニキビの治療においても、重度の症状であれば炎症を抑えるために抗生剤の内服薬と外用薬の処方を受けることが多いと思います。
しかし、抗生剤(抗生物質)は使い続けると効かなくなるといわれていますので、抗生剤に頼らなくてもいいように、ニキビの症状が治まったら新しいニキビ「繰り返しニキビ」を出来ないようにすることが最も大切なのです。
そのための手段が「毎日のスキンケア」「生活習慣の改善」なのです。
これらをしっかりと行っていれば、繰り返しニキビが出来たとしても、軽い症状で済み、跡に残るような心配もなくなります。
特に大人ニキビが出来やすい体質の人は、ニキビ専用のスキンケアで、根気強くしっかりと続けることが大切です。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

 

Pocket
LINEで送る