自分の肌を知るには肌の仕組みを知ること

肌の仕組みを知る大切さ

毎日のように鏡で自分の顔を見ていると、「ニキビが増えたな・・・」「シミやシワが増えたな・・・」「老けた気がする・・・」など、肌トラブルや老化を感じることがあると思います。
しかし、そもそも何故ニキビができたりシミやシワができるなど、皮膚の仕組みや働きは知らない人が多いと思います。
ここでは、肌の仕組みを知り、肌にとって「良いもの」「悪いもの」について、もう一度考えてみましょう。

 

皮膚のメカニズム

みなさんは皮膚の厚さをご存知でしょうか。
意外に知られていないことですが、皮膚の厚さははおおよそ2mmです。
しかも皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの層から形成されています。
そしてスキンケアで大事になる組織が、表皮と真皮です。

表皮は角質層と角質層下の表皮、真皮との境目にある基底層で構成され、主な役割りは外から刺激が体内に入らないように防いだり、体内の水分が蒸発するのを防ぐなど、主に外的要因を防止する働きがあります。
真皮は皮膚の95%を占め、主にコラーゲンとエラスチンで構成されていて、そのすき間をヒアルロン酸や線維芽細胞などが埋めていて、肌の弾力やハリを与えています。
表皮と真皮はそれぞれが連携していて、重要な役割を果たしています。

 

皮膚に含まれる成分

  1. コラーゲン
    肌の弾力を左右する大切なたんぱく質です。コラーゲンは真皮の中の繊維質の約70%を占めています。
    その機能は20歳前後が全盛期で活性化し、以降は年齢とともに減少してきます。
  2. エラスチン
    伸縮性のあるたんぱく質で、弾性繊維とも呼ばれています。
    真皮層の中で皮膚や血管などを構成し、細胞間のすき間を埋めるコラーゲンをつなぐ役割をしています。
    年齢とともに減少し、シワやたるみの原因となります。
  3. ヒアルロン酸
    コラーゲンやエラスチンでつくられたすき間を埋めるゼリー状の物質です。
    水分を保ち、肌の乾燥を防ぐ役割りを持っています。
    年齢とともに減少し、シワやたるみの原因となります。
  4. セラミド
    表皮の一番外側にある角質層に含まれる成分で、角質層にある細胞間脂質の主成分です。
    肌の保湿や潤い機能を保つ役割りがあります。また、ほこりや刺激などの外的要因から皮膚を守り、表皮の健康を保つ役割りも持っています。

 

ターンオーバー

ケガなどをしたとき、「傷の治りが遅くなったな・・・」と感じたら、肌が老化しターンオーバーが乱れている可能性があります。
ターンオーバーとは、肌が新しく生まれ変わるサイクルのことで、肌の新陳代謝のことをいいます。
表皮の一番下で新しい肌細胞が生まれ、徐々に肌表面へと押し上げられて最後には垢となって剥がれ落ちます。
健康な皮膚であれば、ターンオーバーのサイクルは約28日周期といわれていますが、ストレスや食生活などによりサイクルが乱れると、角質が厚くなって肌トラブルが生じてしまいます。
また、ターンオーバーのサイクルが乱れている状態では、傷が治りにくく、シミやシワが出来やすくなります。

 

肌のバリア機能

そもそも肌には、紫外線や大気汚染などの外的要因から肌を守る「バリア機能」があります。
このバリア機能が低下すると、外的から肌を守れなくなって肌トラブルや肌の乾燥を引き起こしてしまいます。
健康な肌の角質層には、セラミドなどの保湿物質が充分にあり高いバリア効果を持っていますが、セラミドなどが減るとバリア機能の低下につながります。
バリア機能を保つあるいはアップさせるには、スキンケアで特に保湿が大切になります。

 

肌の老化現象

年齢とともに肌は老化していきますが、どのような症状を「老化」というのでしょうか。
まずは肌のハリや弾力の低下があります。加齢によって角質層の水分量が低下し表皮の水分が減ると、真皮のボリュームも減ってしまうことから生じてしまいます。
また、皮膚の弾性や硬さを維持する機能も衰えるため、シワやシミが増え、キメが粗くなっていきます。
これらの老化の進行を防ぐためには、毎日の適切なスキンケアと食生活や生活環境を正しくすることが重要になります。

 

 

Pocket
LINEで送る