白ニキビ・大人ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちない!?

白ニキビ・大人ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちない

白ニキビや大人ニキビの原因は、毛穴が詰まりがアクネ菌や常在菌の増殖して炎症を起こすことから始まります。

菌の増殖の原因は過剰に皮脂が分泌し、菌にとっての餌(栄養素)が増えるためです。

では、皮脂の分泌を抑えればいいのでしょうか?
いいえ、皮脂は肌にとって欠かせない存在で、肌の表面に広がり皮脂膜を形成して体内の水分の蒸散を防ぐ役割を持っています。
要は、肌の潤いを保ってくれるわけです。セラミドなんかと同じ役割りですね。

さらに皮脂は、体内に侵入しようとする細菌を防ぐ役割りを持っていて、私たちにとっては本当に欠かせない存在なのです。

皮脂の分泌を必要以上に抑えることが肌にとってよくないことであれば、大人ニキビの原因菌を洗顔で洗い流せることができれば良い気がしますが、はたして顔を洗うことで原因菌は落ちるのでしょうか?

いいえ、毛穴の奥にいる大人ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちません。
顔を洗うことで、肌の表面近くにいる菌であれば落ちるかも知れませんが、毛穴の奥にいる大人ニキビの原因菌は落ちることはありません

そして、毛穴の奥にいる原因菌が、これまで登場してきた常在菌です。

 

毛穴の目詰まりの原因はにっくき角栓!

皮脂線でつくられた皮脂は、毛穴から皮膚に出ていきます。毛穴の奥にいる白ニキビや大人ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちない!?
しかし、過剰に皮脂が分泌された状態では毛穴の中に溜まってしまいます。

また、肌が乾燥するなどして角質が固くなったり、皮脂と角質が混ざって
毛穴にフタをつくってしまうこともあります。
このフタを「角栓」と言います。

角栓ができると、ただでさえ過剰に分泌された皮脂が毛穴から
出て行けなくなり、どんどん毛穴の中に溜まってしまいます。
風船に空気をどんどん流し込むようなイメージで、どんどん溜まっていきます。

皮脂がどんどん溜まり毛穴が膨らんでいる状態を「コメド」と言います。

毛穴の奥にいる白ニキビ・大人ニキビの原因菌はどんなに顔を洗っても落ちません。

やはり、毛穴の詰まりの原因「角栓」をつくらないようにして白ニキビ・大人ニキビをできにくくすることが大切です。

 

 

Pocket
LINEで送る