正しい洗顔方法と洗顔料選び

洗顔はスキンケアの基本であり、美肌づくりには欠かせないケアです。
毎日の洗顔によって、皮膚表面にある汚れや過剰な皮脂を落として、肌の新陳代謝がスムーズに行われる手助けとなります。
洗顔は洗えばいいというものではなく、肌タイプに合ったケアをしなければ、効果が無いばかりか白ニキビや肌トラブルなどの原因になりますので、十分に注意が必要です。
自分の肌の状態に合わせて、洗顔方法をもう一度見直してみましょう。

みなさんは朝の洗顔時は石鹸をつけて洗っていますか?水やお湯だけで済ませていないでしょうか?

水だけでは皮膚表面に付いた汚れは落ちても、皮脂を落とすことはできません。
肌の上に皮脂を残してままにしておくと、やがて酸化して肌の老化を進行させることになりますので、朝もしっかり石鹸をつけて洗顔することが基本になります。
夜の洗顔においては、化粧をしている場合は先にクレンジングを行う必要があります。
化粧の油分は洗顔料だけでは落ちきらないことが多いため、クレンジングで油分を落とし、洗顔料で残ったクレンジング料や皮脂を落とします。
クレンジングと洗顔料が一緒になった商品がありますが、しっかりと化粧や皮脂、汚れを落とすのであれば、別々にすることをお勧めします。

 

その洗い方は大丈夫?

洗顔といっても洗顔料を手に付けて顔を洗えばいいということではありません。
「洗い方」もとってもスキンケアにとって重要なことです。
まず洗顔料は手の平でよく泡立ててから使いましょう。泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使ったり泡立ちやすい洗顔料を使うといいでしょう。
よく泡立てることで泡が細かくなって汚れが吸着しやすくなります。
また、手や指を肌につけずに洗うことで、肌に余計な負担をかけずに済みます。

洗い方は、力を入れてゴシゴシこすったり、むやみやたらに色んな方向に肌を動かしながら洗ってはいけません。これではたるみやシワ、シミの原因になってしまいます。
肌を泡で包むようにしながら、顔の内側から外側に向かってクルクルと螺旋(らせん)を描くようにやさしく洗いましょう。
また、毛穴の汚れが気になったり、皮脂をより多く取ろうとして洗顔ブラシを使う方がいますが、毎日使うことはお勧めしません。
肌にとって刺激が強すぎて、皮膚を傷つけ色素沈着を起こすなどのトラブルの原因になってしまいます。
とくに炎症したニキビがある状態で洗顔ブラシを使うのはもってのほかです。
洗顔ブラシは大人ニキビを再発させないために、通常よりも汚れをよく落とすために適度に使用するということを忘れないでください。

最後にすすぎです。
しっかりと洗顔で汚れを落としても、洗顔料が残っていては元も子もありません。
洗顔料が肌に残っていると、大人ニキビや肌荒れの原因となりますので、しっかりと洗い流すようにしましょう。
特に髪の生え際やアゴの下あたりは洗い残しがちですので、鏡でチェックしながらすすぐといいでしょう。

 

皮脂の落としすぎに要注意!

オイリー肌だからといって、何度も何度も洗顔をして皮脂を取りすぎることはよくありません。
必要以上に皮脂を落とすと皮脂膜ができず、皮膚から水分が蒸発して肌がカサついたりトラブルを起こしやすくなります。
オイリー肌の人でも1日の洗顔回数は3回までにしましょう。
また、熱すぎるお湯で洗顔をすると過剰に皮脂を奪ってしまい、水では脂分の汚れが落ちませんので、ぬるま湯で洗顔をするようにしましょう。

 

そして洗顔料選びが大切です!

洗顔料選びは非常に大切なことですね。
大人ニキビの人が思春期ニキビ向けの洗顔料を使ってはいけないように、肌タイプによって洗顔料は選ぶ必要があります。
ちなみに、思春期ニキビ向けの洗顔料は、思春期特有の男性ホルモンの増加による皮脂の過剰分泌に合わせた脱脂力が非常に強いものが多いため、乾燥肌やノーマル肌の大人が使用すると、肌を乾燥させて肌トラブルの原因となってしまいます。
大人ニキビ用の洗顔料は、脱脂力や保湿成分など、大人の肌タイプあるいはニキビタイプに合わせて開発されたものが多いため、そのような洗顔料を選ぶことをお勧めします。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

 

Pocket
LINEで送る