大人ニキビ用化粧品選び迷ったら

化粧品の数はもちろん、大人のニキビに特化したスキンケアでも無数にあり、続々と新しい商品が発売されています。
膨大なスキンケア商品の中から一体どれを選んでいいかわからなくなりますよね。

大人ニキビ用のスキンケア選びには、自分の肌質やニキビの症状を見極めて選ぶ必要があると言えます。
しかし、選ぶのはあなた自身でプロの皮膚科医ではありません。

ある程度、自分に合う傾向の商品にはたどり着くことはできても、これだけの商品数の中からぴったりと合う商品に出会うのは至難の技といえます。

自分の肌や大人ニキビの改善に効果のあるスキンケアにたどり着くには、一度や二度では到底無理なことです。
色々な商品を試して、本当にあなたに合う有効なスキンケアを選ぶことが大切だと考えます。
ドラッグストアーなんかでは見かけませんが、インターネットで販売されているスキンケア商品は、トライアルや返金保証もあり、お財布に負担無く多くの商品を試すことができますので、うまく活用してあなたに合ったスキンケアを探し出してください。

 

スキンケア商品の裏に書かれている「指定成分」とは?

スキンケア商品の裏を見ると、原材料などの指定成分が明記されていますね。
これはアレルギーを起こす可能性のある成分として、販売メーカーに表示させるよう、厚生省が義務付けているものです。
「アレルギーを起こす可能性がある」ということで気になってしまいますが、記載されている成分にアレルギーをもっていなければ気にする必要はありません。
アレルギーを起こしやすい体質の人や化粧品でかぶれたりなどトラブルがあった人は、使用前にパッチテストを行うことをお勧めします。

 

敏感肌用スキンケアの間違い

敏感肌用の化粧品が多く販売されていますが、これは、もともと肌が弱く通常の化粧品ではかぶれたりする人向けにつくられたもので、アルコールや香料などの配合量を抑えていたり、保湿性を高くしていたりしています。
「敏感肌用」は「肌にやさしい」と思い込み、敏感肌でもないのに使う人がいますが、これではあまり意味がありません。
たとえばオイリー肌の人が敏感肌用の洗顔料を使った場合、洗浄力や脱脂力が弱いため、皮脂や汚れが十分に落ちず大人ニキビができやすくなってしまいます。
また、化粧水や美容液でも保湿性が高く油分が多いため、こちらもニキビを増やす原因となってしまいます。

敏感肌用の化粧品は、敏感肌の人が使うようにしましょう。

 

大人ニキビの治療は期待できない

スキンケアをすることで、大人ニキビが治療できると勘違いしている人が多いです。
スキンケア商品には、「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」と大きく分けられ、市販でも「医薬部外品」と表示されているものも多くあります。
「医薬部外品」のものが全く治療効果が無いとは言いませんが、あくまでもニキビを出来にくくするための予防手段なのです。
お医者さんが処方する「医薬品」が治療効果があるものですから、酷くなった大人ニキビは皮膚科で治療し、繰り返し再発しなようにスキンケアをすることが大切なのです。

 

スキンケアは洗顔料、化粧水、美容液とセットの方がいいの?

ニキビ用のスキンケア商品は、洗顔料や美容液など単品のものから、洗顔、化粧品、美容液といったセットのものまでありますね。
一概には言えませんが、セットの方が相乗効果が期待できるかも知れません。何より自分の肌に合っているのであれば、その販売メーカーを使うことにこしたことはありません。
また、セット販売では単品よりもお得な価格になっているケースが多いことや、あれこれ選ぶ手間が省けるのもプラスポイントですね。
セットで購入してしまって使ってみたら肌に合わなかったということにならないように、トライアルキットや返金保証のある商品で試してみることをお勧めします。

オススメのスキンケア 白ニキビ、大人ニキビの治し方

 

化粧品の保管はどうすればいいの?

たいていは化粧台に化粧品を陳列していることと思いますが、本当にそれでいいのでしょうか?
化粧品はおおよそ1年以上使えるものが多いですが、日光が当たる場所や高温な環境では劣化が早まります。
化粧品のベストな保管場所は冷蔵庫のような冷暗所ですが、難しい場合でも最低限、日光と高温にさらされない場所で保管するようにしましょう。
また、旅行や出張用として小さな容器に化粧品を入れ替えて持っていくケースがありますが、継ぎ足したりせずに、毎回容器をキレイに洗い、完全に乾かしてから化粧品を入れるようにしましょう。
容器に汚れが残っていたり、乾燥が不十分だと雑菌が繁殖していることがあり、雑菌を肌に塗りつけることになってしまいますので、十分に注意してください。

 

 

Pocket
LINEで送る