皮膚科に診てもらう大人ニキビのボーダーライン

白ニキビができると、取りあえずドラッグストアーなどでニキビ治療薬を買って、患部に塗って治そうとする人も多いと思いますが、それではなかなか治らない、余計に酷くなったという経験があるかと思います。
一言に「ニキビ」と言っても症状は様々で、市販の治療薬で治るものや皮膚科で処方された医薬品でなければ効果がないものがあります。
「どういう大人ニキビの症状であれば皮膚科医に診てもらった方がいいのか」といったボーダーラインについて解説していきます。

 

皮膚科に診てもらうニキビのボーダーライン

肌トラブルにはニキビだけでは無く、肌荒れや乾燥してザラツキが目立つなど様々な症状があります。
一般的である「ニキビ」は、わざわざ皮膚科で診てもらう必要は無いと思っている人や、皮膚科が相手にしてくれないと思っている人もいらっしゃるかも知れません。
大人ニキビが出来ても、悪化せずにすぐに治るようであれば、心配する必要やわざわざ皮膚科医に診てもらう必要はありません。

大人ニキビを皮膚科に診てもらうボーダーラインは、酷くなったり(酷くなる気配が見られる)、なかなか治らないときです。
治らないまま放っておくとニキビ跡になり、ずっと悩むことになりかねません。

自分でニキビをなんとかしようと、ドラッグストアーなどで「これが効き目がありそうだ」「これは見たことある、聞いたことのある薬だ」と、素人の判断でニキビ治療薬を選んで使用し、効果が無かったり余計に酷くなった経験があるかと思います。
また、見た目も悪いからと言ってニキビを潰して治そうとして、余計に酷くなった経験もあるかと思います。

ニキビや皮膚炎などの肌トラブルは、人によって原因も症状も異なります。
同じ薬がすべてのニキビに効果があるとは決して限らないのです。
なかなか治らない、あるいは酷い大人ニキビは皮膚科医の診察を受け、正しい治療薬を処方してもらうことが早く治すための近道なのです。

 

皮膚科で診てもらうことの必要性

なかなか治らなかったり酷くなる大人ニキビなどの肌トラブルは、内臓や神経系などの病気からきている場合もあります。
たかがニキビと思っていたものがこのような病気が原因とすれば、到底、素人の判断ではわかるものではありません。
このようなケースもあるため、気になる場合はすぐに皮膚科で診てもらうことが大切なのです。

 

皮膚科で受診するときの準備

皮膚科に行くと最初に問診があり、どんな症状のニキビがいつ頃からどこにできたのかなどを聞かれます。
この時に、より具体的な説明ができるように予め整理しておくといいでしょう。
また、すでに市販などの治療薬を使用しているのであれば、その薬を持参していくことをお勧めします。

皮膚科で(顔の)大人ニキビの診察を受けるときは、やはりノーメイクで行くようにしましょう。
化粧をしていると、患部の色や症状が見えにくく、ニキビの進行状況がわかりにくくなってしまいます。
人の目が気になる場合は、マスクやメガネをするといいかと思います。
どうしてもメイクをしないと外出できないという人は、薄めのファンデーションにしたりするなどの工夫が必要です。
また、皮膚科医によっては顔の皮膚以外に爪の色を確認することもありますので、マニキュアも塗らずに受診することをお勧めします。

 

 

Pocket
LINEで送る